整骨院で保険は使える?|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

スタッフブログ

整骨院で保険は使える?

柔道整復師 按摩指圧マッサージ師 高座渋谷ポポの木整骨院院長:大岡 統

最終更新日:2024/02/16

保険と整骨院:保険治療の疑問を解消します 。

こんにちは、大和市の皆様。高座渋谷「ポポの木整骨院」より、今日も皆さんの疑問にお答えします。

特に多い質問が、「保険の適用について」です。

そこで今回は、整骨院での保険の使い方について、詳しくご説明いたします。

整骨院で働くために必要な資格

いくつかの種類がありますが、主に以下のようなものが挙げられます:

柔道整復師: 日本における整骨院で最も一般的な資格です。

柔道整復師は、骨折、脱臼、打撲、捻挫などの怪我の応急処置やリハビリテーションを行うことができます。

この資格を取得するには、国家試験に合格する必要があり、試験には専門学校や大学での3年以上の学習が必要です。

あん摩マッサージ指圧師: あん摩マッサージ指圧師は、マッサージや指圧、ストレッチなどを用いて、体の痛みやこりを和らげる治療を行います。こちらも国家資格であり、国家試験に合格する必要があります。

鍼灸師: 鍼灸師は、鍼(はり)やお灸(きゅう)を用いた治療を行います。痛みやこり、内臓疾患、神経系の症状など、幅広い症状に対応します。鍼灸師も国家資格であり、専門教育を受けた後に国家試験に合格する必要があります。

これらの資格はいずれも、専門的な知識と技術が求められるため、専門の教育機関での学習と国家試験の合格が必要です。また、これらの資格を持つ専門家は、定期的な研修や学習を通じて最新の医療知識や技術を更新し続けることが求められます。

保険適用の判断基準

険適用の判断には、症状の発生原因や急性度が重要です。

たとえば、ある日突然発生した痛みや、特定の事故後に生じた痛みは、保険適用の可能性が高いです。

しかし、徐々に発生した痛みや、明確な原因が特定できない場合は、自費診療の対象となることが一般的です。

保険が適用されるケース

整骨院で保険が適用されるのは、原因が明確な怪我の処置の場合です。たとえば、「縁石にぶつかって足を捻った」、「重いものを持って腰が痛くなった」など、具体的な動作による怪我の場合がこれに該当します。保険請求には、いつ、どこで、どのように怪我をしたかという「ケガの理由」を明確にする必要があります。

保険が適用されないケース

残念ながら、肩こりのような慢性的な痛みは保険適用の対象外です。これには、肩こり、腰痛、膝痛などが含まれます。また、長時間の運転や運動による筋肉疲労、整形外科や他の整骨院での保険診療を受けている場合も自由診療になります。業務上のケガは労災、交通事故によるケガは損害保険が適用されます。

保険診療の相談

 

保険診療については、理解しにくい点が多々ありますので、どんな小さな疑問もお気軽にご相談ください。

当院では、お怪我の状況を詳しく伺い、保険診療や自費診療について、丁寧にご説明させていただいております。

当院での対応

当院では、皆様の症状に応じた施術を行っています。「今の痛みが保険適用内なのかわからない」、「慢性的なものは治らないかもしれない」といったご心配をお持ちの方も、まずは当院にご相談ください。一人で悩まず、一緒に解決の道を探しましょう。いつでもお待ちしております。

保険適用の範囲は、時に複雑です。しかし、適切な知識と理解をもって、適切な治療を受けることが大切です。高座渋谷「ポポの木整骨院」は、皆様の健康をサポートするために、ここにあります。

是非ご相談ください
「今の痛みは保険適用されるのか?」「長年の肩こりはどのように治療したらいいのか?」など、お持ちの疑問や不安に対して、当院の専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。どんな小さな疑問にもお答えします。

参考

https://poponoki.jp/