整骨院・接骨院で保険が使えないの?|その理由や正しいかかり方を解説|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

スタッフブログ

整骨院・接骨院で保険が使えないの?|その理由や正しいかかり方を解説

柔道整復師 按摩指圧マッサージ師 高座渋谷ポポの木整骨院院長:大岡 統

最終更新日:2024/02/16

 

  • 整骨院・接骨院で保険が使えるのか?
  • 整骨院・接骨院で保険が使える症状
  • 保険適用の範囲と整骨院・接骨院での治療
  • 保険が使えない症状と不正請求の問題
  • 整骨院・接骨院で提供される主なメニュー

 

整骨院・接骨院で保険が使えるのか?

整骨院・接骨院では一部保険が使えます。

しかし、これは厚生労働省の規定により使って良いものと使えないものがあります。

整骨院・接骨院で保険が使える症状

整骨院や接骨院で健康保険が使えるのは、一定の症状に限られます。これには主に外傷性の怪我が含まれ、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などが該当します。これらの症状に対しては、包帯を巻く、物理療法(物療)、後療法などが保険適用の範囲内になります。しかし、マッサージや整体はこれらの後療法には含まれず、保険適用外となります

保険適用の範囲と整骨院・接骨院での治療

整骨院や接骨院で保険が適用されるのは、主に外傷による怪我に限定されます。これには骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などが含まれ、これらの怪我に対する治療は保険適用内です。ただし、これらの治療はあくまでも初期の応急処置や特定の後療法に限られ、長期にわたる治療や再発防止のための治療は保険適用外となることがあります。したがって、整骨院や接骨院を利用する際には、治療の種類と保険適用の範囲を事前に確認することが重要です

保険が使えない症状と不正請求の問題

肩こり、腰痛、骨盤矯正、関節の痛み、痺れ、リハビリなどは健康保険の適用外となります。一部の整骨院では、これらの症状に対して捻挫や挫傷と偽って保険請求を行う不正行為が問題視されています。これは受領委任制度を悪用したもので、保険組合への偽の請求となります。このような行為は厚生労働省の指導や営業停止などの処分につながるため、注意が必要です

これらの行為は、厚生労働省からの指導や営業停止などの処分を下され、テレビなどでも報道されています。

整骨院・接骨院で提供される主なメニュー

整骨院によってメニューや料金は様々です。

主なものは以下になります。

マッサージ

筋肉を解すだけでなく、代謝の改善などに利用できます。

整体

古くからある療法で骨格の歪みを整えて自然治癒能力を高めます。

骨盤矯正

出産などの産後の骨盤矯正や骨盤ダイエットで女性に人気のメニューです。

また姿勢改善などで男性にも人気があります。

物療

整骨院で保険が適用される電気治療は低周波のみになります。

それ以外で、さらに効果的な中周波や筋肉増強やダイエットに使われる高周波やEMSは保険適用にはなりません。

保険適用外となる症状と自費治療

肩こり、腰痛、関節の痛み、骨盤矯正などの症状は一般的に保険適用外となります。これらの症状に対する治療は自費診療となるため、費用は全額自己負担となります。自費治療には、マッサージ、整体、高周波治療、EMSなどが含まれ、これらは健康増進や慢性的な痛みの軽減、体のバランスの改善などに効果的です。自費治療を受ける際は、治療内容とその費用について十分に理解し、自分のニーズに合った治療を選択することが大切です。

整骨院・接骨院に関するまとめ

整骨院や接骨院で保険が適用される症状は限られており、また施術内容にも制限があります。しかし、国家資格を持つ施術者が多く、様々なニーズに対応できるため、患者には幅広い選択肢が提供されます。保険適用の可否をしっかり理解し、必要な施術を受けることが大切です