顎の痛みを和らげる!簡単にできるストレッチ|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

スタッフブログ

顎の痛みを和らげる!簡単にできるストレッチ

顎の痛みを和らげる簡単にできるストレッチ

柔道整復師 按摩指圧マッサージ師 高座渋谷ポポの木整骨院院長:大岡 統

最終更新日:2024/06/17

‹目次›

 

皆様、こんにちは!高座渋谷ポポの木整骨院です。

普段の生活の中でこのようなお悩みはありませんか?

  • 顎を動かすと痛みがある
  • 硬い物を食べるのが難しくなった
  • 噛み合わせが以前と違う感じがする

もしかしたらそれ「顎関節症」かもしれません。

口を開けるときの痛みや特有の音に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

多くの方が悩まされている 顎の痛み 、実はストレッチを日常に取り入れることで、症状の軽減を図ることができます。

本ブログではそんな顎の痛みについて、ストレッチ方法とともにご紹介していきます。

 

 

顎の痛みとは ?

顎の痛みとは?

顎の痛みは顎の関節や筋肉に異常が生じることで 痛みやこり、口の開きにくさ などの症状を引き起こす疾患です。 

主な原因にはストレスや姿勢の悪さ、 歯ぎしり 噛み合わせ の問題などが挙げられます。

 

 顎の痛みの主な症状には下記のようなものがあります。

・ 顎の痛み

・ こり

・ 口を開けにくい

・ 顎の関節の音( クリック音、 ポップ音)

・頭痛や首の痛

 

 これらの症状が続くと、 日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

 そのため 適切な対策が必要となります。

 

ストレッチが顎の痛みに効果的な理由

ストレッチが効果的な理由とは?

 ストレッチは、顎の痛みの症状を和らげるための効果的な方法の一つです。

 以下にストレッチが顎の痛みにどのような効果を発揮するのかをご説明します。

 

・筋肉の緊張をほぐす

ストレッチを行うことで、 顎周りの筋肉の緊張を和らげることができます。

 これにより 痛みやこりが軽減されます。

 

 ・血行促進

 ストレッチによって血行が促進され、 酸素や栄養が筋肉に 行き渡ることで 回復が早まります。

 

・ 関節の可動域を広げる

 定期的にストレッチを行うことで、 顎関節の可動域が広がり 口を開けやすくなります。

 

 ・ストレス軽減

 ストレッチはリラックス効果があり、 ストレスの軽減にもつながります。

 ストレスは顎の痛みの原因の一つとされているため ストレス管理は重要です。

 

ストレッチの前に 知っておくべきこと

 ストレッチを始める前にいくつかのポイントを押さえておきましょう。

 

 ・ウォームアップ

ストレッチを始める前に 顎の筋肉を軽くウォームアップすることが重要です。

 顎をゆっくりと動かし筋肉をリラックスさせましょう。

 

・ 無理をしない

 ストレッチを行う際は無理をせず自分のペースで進めることが大切です。

 痛みを感じた場合はすぐに中止し 専門医に相談しましょう。

 

 ・適度な力加減

 ストレッチを行う際の力加減も注意が必要です。

 強すぎる力は逆効果となるため 適度な力で行うようにしましょう。

 

顎の痛みに効くストレッチ 方法

 

 ここからは 顎の痛みに効果的なストレッチ方法を5つ 紹介します。

 これらのストレッチを毎日 中間的に取り入れることで 症状の改善が期待できます。

 

1.顎の前後運動

 このストレッチは、  顎関節の動きを改善し 筋肉の緊張を和らげる効果があります。

 

【手順】

 まず 顎を前に突き出します。 

その後元に戻します。

 これを10回繰り返してください。

 この運動は顎の筋肉を柔軟にし 、痛みを和らげる効果があります。

 

2. 顎の左右運動

 このストレッチは顎の可動域を広げ、 左右対称に動かすことで筋肉のバランスを整えます。

 

 【手順】

 まず 顎を左に動かし、その位置で数秒間キープします。

 次に右に動かして同じように数秒間キープします。 

これを 左右 それぞれ10回繰り返してください。

 

この運動は顎の動きをスムーズにし 関節の負担を軽減します。

 

3.顎の回転運動

 このストレッチは顎関節 全体の柔軟性を高め、 筋肉の緊張を和らげる効果があります。

 

【手順】

 まず 顎をゆっくりと 円を描くように回しましょう。

 次に 時計回りに5回ほど回し、その後 反対 時計回りに5回行います。

 

 4.顎の 上げ下げ運動

 このストレッチは顎関節の動きを改善し 筋肉の緊張を和らげる効果があります。

 

【手順】

 まず 顎を上げて 天井を見るようにします。 その後元に戻します。

 これを10回繰り返します。

 

 この運動は顎の筋肉を柔軟にし 痛みを和らげる効果があります。

 

5.顎の押し引き 運動

 このストレッチは顎の筋肉を鍛え 関節の安定性を高める効果があります。

 

【手順】

を軽く押し その抵抗に逆らうように顎を動かします。

 この動きを左右 それぞれ5回行います。

 この運動は顎の筋肉を強化し 関節の安定性を高めます。

 

ストレッチを続けるためのコツ

ストレッチを続けるためのコツ

 顎関節の症状を軽減するためには 継続的なストレッチが重要となります。

 以下にストレッチを続けるためのコツを紹介します。

 

 ●習慣化する

 毎日決まった時間にストレッチを行うことで 習慣化しやすくなります。

 例えば 朝 歯磨き粉 夜 夜の入浴前など日 夜の入浴前など日常のル 夜の入浴前など日常のルーティーンに組み入れると 良いと思います。

 

 ●無理をしない

 ストレッチ ストレッチは無理をせず自分のペースで行うことが 大切です。

 痛みを感じた場合は無理をせず中止してください。

 

 ●リマインダーを設定する

スマートフォンのアラームやカレンダーにリマインダーを設定することで ストレッチを忘れずに行うことができます。

 

● 仲間と一緒に行う

家族や友人と一緒にストレッチを行うことで モチベーションを保つことができます。

 また お互いに励まし合いながら続けることで継続しやすくなります。

 

ストレッチ 以外の対策

 ストレッチ 以外にも 顎の痛みの症状を 和らげるための対策があります。

 いくつかの方法をご紹介します。

 

● マッサージ

 顎 顎周りの筋肉をマッサージすることで  緊張を和らげることができます。

 指で軽く円を焼くようにマッサージをしましょう。

 

 ●温熱療法

 暖かいタオルや ホットパックを顎に当てることで 筋肉の緊張を和らげ 血流を促進します。これで痛みは 軽減されます。

 

 ●正しい姿勢を保つ

 悪い姿勢は 顎の痛みの原因となることがあります。 パソコン作業やスマートフォンを使用する際には 正しい姿勢を保つように心がけましょう。

 

 ●ストレス管理

 ストレスは 顎の痛み の一因となるため ストレス管理も重要です。 リラクゼーション法や趣味に没頭する時間を作り ストレスを軽減しましょう。

 

7、 診断を受けるタイミング

 玉ねぎは 顎の痛みの症状が改善されない場合や 症状が悪化する場合は 専門医の診察を受けることが重要です。 以下のような場合には早めに医療機関を受診しましょう。

 

・顎の痛みが強く 日常生活に支障をきたす場合

・ 顎の動きに制限があり 口を開けることが困難な場合

・頭痛や耳鳴りなどの他の症状が現れた場合

・ ストレッチや ホームケアを続けても症状が改善しない場合

 

専門医は 症状の原因を特定し 適切な治療法を提案してくれます。

場合によっては 薬物療法や 物理療法 さらには手術が必要になることもあります。

 

顎の痛みの予防方法

顎の痛みの予防方法

この痛みを予防するためには 日常生活での心がけが重要です。

 以下 以下に予 以下に予防のための具体的な方法を ご紹介します。

 

 ・硬いものを避ける

 固い食べ物や 大きな食べ物を無理に噛むことは 顎関節に負担をかける原因となります。

 適切な大きさに切るなど工夫をしましょう。

 

・姿勢を正す

 顎の痛みの原因となることがあります。

 デスクワークやスマートフォンを使用する際には 正しい姿勢を保つように心がけましょう。

 

・ストレス管理

 ストレスは顎の痛み の一因となるため、 日常的にリラクゼーションを取り入れ ストレスを軽減することが重要です。もう リラックスできる時間をもち、瞑想や深呼吸、趣味の時間を増やす など リラックスできる時間を持ちましょう。

 

・定期的なストレッチ

 日常的にストレッチを行うことで 顎の筋肉も緊張を和らげ、関節の動きをスムーズに保つことができます。

 蒸気で紹介したストレッチ方法を参考に 毎日の習慣に取り入れてみましょう。

 

 まとめ

まとめ

顎の痛みは顎の関節や筋肉に異常が生じて起こります。 口の開けにくさも引き起こし食事や 会話を困難にすることで日常生活に大きな影響を及ぼします。 

適切なストレッチを行うことで 症状の軽減を図ることができます。

 

 本記事では 顎の痛みを和らげるための簡単にできるストレッチ方法を5つご紹介しました。

 ストレッチを始める前に 顎の筋肉を軽くウォームアップし 無理をせずに行うことが大切です。

 紹介したストレッチ方法には フォートナイト 顎の前後運動、  左右運動、 回転運動、 上げ下げ運動、 そして 押し引き 運動があります。

 これらのストレッチを日常的に取り入れることで 顎の痛みの症状を和らげ 予防することができます。

 また ストレッチ 以外にも マッサージや温熱療法、正しい姿勢を保つこと、ストレス管理など 顎の痛みを和らげる方法があります。

 さらに症状が改善されない場合や悪化する場合は 専門医の診察を受けることが重要です。

 顎の痛みの予防には硬いものを避け姿勢を正すこと、ストレスを管理すること、そして 定期的にストレッチを行うことがとても重要です。

 日常の生活でちょっとした工夫や心がけることにより、 顎の痛みと改善に大きく 役立ちます。

 

 顎の痛みを軽減し快適な日常生活を送るためにここでご紹介したストレッチの方法をぜひ試してみてください。

 継続的なケアがとても大切ですので 毎日の習慣にすることをおすすめします。

 顎の痛みの改善を目指して少しずつ続けてみましょう。

 最後に青の痛みの改善がされない場合や悪化する場合には 専門医にご相談することを忘れないでください。

 専門医は 症状の原因を特定し 適切な治療法を提案してくれます。

 これらのストレッチ方法と予防対策を実施し、 顎の痛みの症状を和らげ 健康な顎を保つために 日々のケアを続けていきましょう。

 顎の痛みの改善と予防に役立つ情報を提供することで少しでも多くの方々が快適な生活を送れるように願っております。 

 

▲高座渋谷ポポの木整骨院のトップページはこちら▲