外側上顆炎(テニス肘)

・物を握るの肘の外側が痛い

・手を開くと肘の外側が痛い

・家事やお仕事をしている時痛い

・肘が痛くてペットボトルの蓋があけられない

 

なぜその症状が発生するのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

外側上顆炎(テニス肘)とは、手首をそらすときに使う筋肉が肘まで

つながっていて、使い過ぎにより腱が炎症を起こしている状態です。

テニスをする方だけではなく、家事や料理などで握ったりすることが多い人に多くみられます。

放置するとどのようなリスクがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

はじめは、たまに痛みが走る程度なため、そのまま放置しておくと、

安静にしていても痛むようになります。

慢性化してしまうため治療期間も長引いてしまいます。

早めの処置が必要です。

 

その症状から抜け出すためにはどのような施術が必要か?|高座渋谷ポポの木整骨院

痛止めや湿布も効果はありますが、根本的には腕の使い方です。

そのため、一時的には効果があってもまた再発してしまいます。

筋肉が硬くなり血流も悪くなっているため、マッサージやストレッチも有効です。

不良姿勢により肩の筋肉が緊張して肘へ過度な負担がかかってしまうからです。

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

当院では外側上顆炎は、骨盤や背中のゆがみが深くかかわっていると考えています。

実際、外側上顆炎でご来院される方のほとんどが、肩の痛みや肩甲骨骨盤にお悩みをもっています。

不良姿勢でパソコンやスマホ―を使用したり、無理な姿勢で運動や家事、お仕事をされると肩や背中に負担がかかります。

その結果として肘の使い過ぎが生じてしまい、トラブルにつながります。

そのため、身体全身のバランスを整える施術をおすすめしています。

全身のバランスを整えることで、身体が伸びるようになり自然治癒能力も高まってきます。

外側上顆炎でお悩みの方は一度高座渋谷ポポの木整骨院にご相談ください。