手根管症候群

・手指が痺れる

・起床時にゆびが痺れる、痛む

・指の感覚が鈍くなっている

・指に力が入りずらい

なぜ手根管症候群が発生するのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

手根管症候とは、手首のところで神経の圧迫され手指がしびれる症状です。

手の使いすぎの方や更年期の女性に多くみられます。

また産後の女性も多く、ホルモンバランスや赤ちゃんの抱っこで疲労して発生することもあります。

 

 

 

手根管症候群が慢性化するとどのようなリスクがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

 

手首の痛みやしびれは、一時的に良くなることもあります。

その為、安心されて使ってしまい悪化させてしまい、再発を繰り返すことで慢性化してしまいます。

特に痺れは要注意です。

慢性化すると日常生活に支障をきたしてしまいます。

その症状から抜け出すためにはどのような施術が必要か?|高座渋谷ポポの木整骨院

手を温める

安静

前腕のストレッチ

以上でも改善がみられるかもしれません。

 

 

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

以上で良くなる方もいますが、しかし慢性化していて再発したりを繰り返している場合は、他の対処法も必要です。

高座渋谷ポポの木整骨院では、筋肉を緩めるだけでなく頚椎~鎖骨、背骨を背骨×骨盤矯正で整えます。

バランスを整えることで血流、リンパ、神経にアプローチし、

根本的な回復を促します。

是非高座渋谷ポポの木整骨院にお越しください。