更年期障害

・近頃、疲れがとれない

・イライラしてしまう

・手足がほてる

 

なぜその症状が発生するのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

更年期障害は40~50代で閉経前後5年程度の女性ホルモンの乱れにより発生するといわれ、近年では、30~40代で無理なダイエットで若年性更年期障害も

みられるようになりました。

更年期障害で発生する症状は肉体的なものと精神的なものがあります。

肉体的におこるもの

生理不順

基礎代謝

基礎体温

ほてり

のぼせ

手足の冷え

発汗

動悸

睡眠障害

疲労・疲労感

肩こり・腰痛

 

精神的

イライラ

うつ状態

情緒不安定

 

 

更年期障害の原因とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

更年期障害は、卵巣ホルモンであるエストロゲンというホルモンが、30代から減少していきます。

しかしながら、その変化にお身体が対応できず、先ほど記した症状が発生すると言われています。

また脳がエストロゲンが足りなくなっているにもかかわらず、出すように指令をだしますが、足りなくなって

分泌されないため脳はさらに指令を出し続けます。

そのため、自律神経が乱れて、体温や発汗および睡眠障害やイライラなどが、発生すると言われています。

その症状から抜け出すためにはどのような施術が必要か?|高座渋谷ポポの木整骨院

更年期障害を抜け出すには、まず次の2つを試してみると良いでしょう。

・ストレスを緩和する

運動時間と休憩をしっかりととる

・お薬

エストロゲンによく似た性質のお薬が存在します。

 

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

高座渋谷にあるポポの木整骨院では、次の2つのアプローチを行っています。

まず、筋肉を調整します

次に全身の骨格調整を行います。背骨や骨盤矯正により、姿勢の改善されると、血液循環や自律神経にアプローチします。

ぜひ高座渋谷ポポの木整骨院におこしください。