頸椎症

・首肩が凝り、肩や肩甲骨、腕、指先が痺れる

・長時間同じ姿勢をとるとしびれる

・長時間同じ姿勢をとると痛みがでる

・指先に違和感を感じる

・力が入らない

・冷えると痺れが増す

頚椎症が発生する原因とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

頚椎症は、頚椎の間にある関節または椎間板がなんらかの原因で狭窄し発生した症状をいいます。

脊髄性のものと神経根のものがあります。

脊髄性のものは、排尿障害や歩行障害を起こすことも少なくありません。

年齢を重ねるにつれ骨の間が狭窄し、40代頃から発生します。

最も多い原因に、首の痛みとこりが挙げられます。

症状は次の3つに分けらます。

①首肩こり肩甲骨の痛み

②片側の首、肩、肩甲骨、腕、指の痺れと痛み 進行すると筋力と感覚の低下がみられます。

③手足のしびれ、筋力低下、歩行障害、排尿障害

以上がもっとも多い症状です。

進行するとどのようなことがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

神経根症は、治癒することが多い疾患です。

だだし、脊髄性の場合は、手術適用になることも少なくありません。

そうならないためにも、予防が大切です。

頚椎症の痛みから抜け出すにはどのような施術が必要か?|高座渋谷ポポの木整骨院

共通して言えることは首、肩、肩甲骨、腕の緊張がつよいということです。

では、なぜ発生するのでしょうか?

首は肩、肩甲骨、腕と連動して動きます。

あるところを緊張させて腕を動かすと首に過度な負担がかかり首の緊張が発生することが多いです。

あるところとは、背中で猫背の姿勢が原因のことも少なくありません。

もう一つは、ストレートネックです。

そのため、まず姿勢矯正する必要があると考えられます。

次に首に負担がかからない動きの連動性を学習するのも良いでしょう。

負担がかかる動きとは首を反らした状態で猫背の状態で腕を上げるなどなんらかの動作をする事です。

さらに最も重要なのは、筋肉の左右のバランスを整えることです。

骨のゆがみとは、筋肉の硬さが左右差があることにより、張力が発生し

左右差がうまれてしまうことがあるからです。

また、もう一つの原因に年齢が加わることによる変性です。

しかしながら、進行を遅らせることは可能であると考えています。

➀枕をすこし高めにする。

②不良姿勢でのテレビやスマホをみるなどを控える、高さを調節する、長時間見るのをやめる。

③家事や掃除または重いものを持つとき、首をそらさないように気をつける。

以上の事を行ってみてはいかがでしょうか?

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

大和市にある高座渋谷ポポの木整骨院では、筋肉の状態、栄養、骨格の歪みを検査します。

そして頚椎症の方お一人お一人にあった最善の施術計画を提案します。

当院の施術は、脊柱×骨盤矯正×筋肉バランス調整により根本から改善を促す整体術です。

お悩みの方は是非当院にお越しください。