「坐骨神経痛の人がやってはいけないこととは?」|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

スタッフブログ

「坐骨神経痛の人がやってはいけないこととは?」

坐骨神経痛でやってはいけないこととは?

柔道整復師 按摩指圧マッサージ師 高座渋谷ポポの木整骨院院長:大岡 統

最終更新日:2024/06/14

‹目次›

・坐骨神経痛とは?

・坐骨神経痛の原因

・間違えやすい病気

・やってはいけないこと

・改善方法

・まとめ

 

 

皆様、こんにちは!高座渋谷ポポの木整骨院です。

一度はこんな症状に悩まされたことはありませんか?

「お尻から足にかけて痺れがある」

「腰の曲げ伸ばしが辛い」

「長い距離歩くと足がしんどくなる」

もしかしたらそれは【坐骨神経痛】のサインかもしれません。

そして坐骨神経痛には「やってはいけないこと」も存在します。

では実際に坐骨神経痛は何が原因で起こるのか、どのようなことはやってはいけないのか。その辺りを中心にお話していければと思います。

 

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは?

ではまず、坐骨神経痛とはどういったものなのでしょうか?

坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫されることによって生じる痛みやしびれのことです。坐骨神経は人体で最も太く長い神経であり、腰から足の先まで伸びています。この神経が圧迫されると腰痛や足の痛み、しびれ、感覚異常が発生します。

主な症状としては、腰からお尻、太もも、ふくらはぎにかけての痛みやしびれがあり、特に片側の足に集中することが多いです。立ち上がる、歩く、座るといった日常動作に支障をきたすことがよくあります。症状の程度は軽度から重度まで様々であり、悪化すると日常生活に大きな影響を及ぼします。

坐骨神経痛は単なる腰痛とは異なり、その原因や症状の出方にも違いがあります。そのため正しく理解することと適切な対処が重要になります。

▲坐骨神経痛に関する詳しい情報はこちら▲

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の主な原因は

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰部脊椎分離症

などです。上記の疾患に罹ると坐骨神経を圧迫してしまうことで痺れや痛みに繋がってしまいます。

椎間板ヘルニアは、椎間板が突出して神経を圧迫する状態です。特に腰椎の椎間板ヘルニアは坐骨神経痛の一般的な原因の一つで、椎間板が突出し、坐骨神経を圧迫することで痛みやしびれが生じます。

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなり神経を圧迫する状態です。加齢による変性や脊椎の変形などが原因で発生し、坐骨神経痛を引き起こします。

腰部脊椎分離症は、脊椎の骨が分離して不安定になる状態で、この状態が進行すると坐骨神経に圧力がかかり、痛みやしびれが生じます。

その他にも、骨棘(骨の突出)、筋肉の緊張や炎症、外傷などが原因となることがあります。坐骨神経痛の発症には様々な要因が関与しており、それぞれの原因に応じた適切な治療が重要です。

 

坐骨神経痛と間違えやすい病気

坐骨神経痛と間違えやすい病気としては、腰椎椎間関節症、腰部脊柱管狭窄症、股関節症などが挙げられます。

これらの病気は、症状が似ているため誤診されることがあります。

腰椎椎間関節症は、腰椎の関節が変形して痛みを引き起こす状態です。腰痛やお尻、太ももの痛みが特徴で、坐骨神経痛と似た症状を呈することがあります。

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなり神経を圧迫する状態です。腰痛や足のしびれが生じ、坐骨神経痛と間違えられることがあります。

股関節症は、股関節の軟骨がすり減って痛みを引き起こす状態です。股関節周辺の痛みやしびれが特徴で、坐骨神経痛と誤診されることがあります。

これらの病気は、坐骨神経痛と症状が重なるため、正確な診断が重要です。MRIやCTスキャンなどの画像診断を用いて、正確に診断し、適切な治療を行うことが必要です。

 

坐骨神経痛でやってはいけないこと

坐骨神経痛を悪化させる行動や習慣を避けることが重要です。以下に、坐骨神経痛でやってはいけないことを挙げます。

  1. 無理な動作や重い物を持つこと 坐骨神経痛がある状態で無理な動作や重い物を持つことは、神経をさらに圧迫し、症状を悪化させる原因となります。特に前かがみや腰をひねる動作は避けるべきです。
  2. 長時間の座位や立位を続けること 長時間同じ姿勢を続けることも、坐骨神経に負担をかけることになります。特に硬い椅子に長時間座ることや、長時間立ちっぱなしでいることは避けましょう。適度な休憩と姿勢の変換が重要です。
  3. 不適切な靴やヒールの高い靴を履くこと 足に合わない靴やヒールの高い靴を履くことは、腰や足に負担をかけ、坐骨神経痛を悪化させる可能性があります。快適な靴を選び、足への負担を減らすことが大切です。
  4. 無理な運動やストレッチ 適度な運動は重要ですが、無理な運動や過度なストレッチは逆効果です。特に痛みが強い時期には、過度な運動を避け、医師や理学療法士の指導の下で適切な運動を行うようにしましょう。

 

改善方法

坐骨神経痛の改善には、医学的な治療法と自宅でできるケアが効果的です。以下に、代表的な改善方法を紹介します。

  1. 医学的な治療法
    • 薬物療法: 痛みや炎症を抑えるために、鎮痛剤や抗炎症薬が処方されます。
    • 理学療法: 専門の理学療法士によるストレッチや筋力強化の指導が行われます。
    • 神経ブロック注射: 神経の痛みを抑えるために、神経ブロック注射が行われることがあります。
  2. ホームケア
    • 適度な運動: 痛みが軽減したら、適度な運動を取り入れ、筋力を維持することが重要です。ウォーキングやストレッチがおすすめです。
    • 姿勢の改善: 日常生活で正しい姿勢を保つことが、坐骨神経痛の予防と改善に役立ちます。特に座り方や立ち方に気を付けましょう。
    • 温熱療法: 温かいお風呂やホットパックを使って筋肉をほぐし、血流を促進させることが効果的です。
  3. 予防策
    • 体重管理: 適正体重を維持することが、腰や坐骨神経にかかる負担を軽減します。
    • 筋力強化: 腹筋や背筋を強化することで、腰椎の安定性を保ち、坐骨神経痛の予防につながります。
    • 適切な姿勢と動作: 日常生活での姿勢や動作を見直し、腰に負担をかけないようにすることが大切です。

まとめ

ブログのまとめに関する導入画像

いかがだったでしょうか?

坐骨神経痛はとても身近な病気であるがゆえに見逃されがちです。放置することで治りにくくもなってしまいます。

そのため、より早く対応することが大切です。

高座渋谷ポポの木整骨院では、施術以外にも生活指導や運動指導も行っており皆様がより快適に過ごせるようサポートを進めていきます。

もし何かご不明な点や長引く症状にお悩みの方は是非一度当院へご相談下さい

▲高座渋谷ポポの木整骨院のトップページはこちら▲