坐骨神経痛を早く治すには何が重要なのか?|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

スタッフブログ

坐骨神経痛を早く治すには何が重要なのか?

坐骨神経痛を早く治すには何が重要なのか

柔道整復師 按摩指圧マッサージ師 高座渋谷ポポの木整骨院院長:大岡 統

最終更新日:2024/06/05

 

‹目次›

 

坐骨神経痛を早く治す方法

 

坐骨神経痛は、多くの人が経験する痛みであり、日常生活に大きな影響を与えることがあります。今回は、坐骨神経痛を早く治すための効果的な方法をご紹介します。坐骨神経痛を早く治すためには、日常生活での姿勢や運動、適切な治療法の選択がとても重要です。各症状に適したアフターケアとストレッチを行うことで、痛みを軽減し、健康的な生活を送ることができます。もし痛みが続く場合は、専門医の診察を受けることをお勧めします。

症状ごとのおすすめのアフターケアや注意点も併せてご紹介しますので、参考にしてください。

 

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛は、主に以下の原因によって発生します

 

・椎間板ヘルニア  椎間板が突出して神経根を圧迫することで生じる痛み。

・脊柱管狭窄症   脊柱管が狭くなることで神経が圧迫される状態。

・梨状筋症候群   梨状筋が坐骨神経を圧迫することで生じる痛み。

・腰椎すべり症   腰椎が前方にずれ、神経を圧迫する状態。

・外傷や腫瘍    事故や転倒、腫瘍が原因で神経が圧迫されることもあります。

 

 坐骨神経の走行とは

 

坐骨神経は腰部から足まで走行し、以下の経路を辿ります

 

  1. 腰椎から出発 坐骨神経は、腰椎(L4、L5)および仙椎(S1、S2、S3)の神経根が集合して形成されます。
  2. 骨盤を通過  坐骨神経は、骨盤内を通り、梨状筋の下を通ります。
  3. 大腿部  大腿部の後方を下ります。
  4. 膝の後ろ  膝窩に達すると、坐骨神経は脛骨神経と腓骨神経の2つに分かれます。
  5. 下腿と足  脛骨神経は下腿の後方を、腓骨神経は下腿の外側を下り、足まで走行します。

 

 

▲坐骨神経神経痛に関する詳しい情報はこちら▲

 

 症状別のアフターケアと注意点

 

症状 おすすめのアフターケア 注意点
腰痛が酷い ・腰を支えるコルセットの着用

・硬めのマットレスで寝る

・入浴で温める

・長時間同じ姿勢を避ける

・重いものを持ち上げない

・腹筋と背筋をバランス良く鍛える

お尻や太もも裏に痛みやしびれがある ・坐骨神経のストレッチ

・お尻や太ももの裏の筋肉のマッサージ

・温熱療法 (ホットパックなど)

・ストレッチは無理のない範囲で行う

・痛みが強くなる場合は中止する

立ちや歩行時に下肢に痺れが出る ・ウォーキングなどの軽い運動

・水中歩行

・自転車 (前傾姿勢で乗る)

・長時間の歩行や立ち仕事を避ける

・休憩をこまめに挟む

体を前にかがめると痛みが悪化する (腰椎椎間板ヘルニアが疑われる) ・医師の指示に従い、コルセットの着用や安静を続ける ・無理に前にかがめない

 

 坐骨神経痛を予防する方法

予防方法4選

・正しい姿勢を保つ 椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばすことを心がけましょう。

・定期的な運動   適度な運動やストレッチで筋肉の緊張をほぐし、血流を促進します。

・適切な休息    長時間同じ姿勢を避け、適度に休憩を取りましょう。

・ストレス管理   リラクゼーション法や趣味の時間を取り入れて、ストレスを適切に管理することが大切です。

 

ストレッチ

 

坐骨神経痛の緩和や予防にはストレッチが非常に効果的です。

坐骨神経神経痛のストレッチについてはこちら

ストレッチを行う際には、以下の注意点を守ることが重要です。

  • 無理をしない   痛みを感じるほど無理にストレッチを行うと、症状が悪化する可能性があります。適度な範囲で行いましょう。
  • ゆっくり行う  ストレッチはゆっくりと行い、反動をつけずにじっくりと筋肉を伸ばすことが大切です。急激な動作は避けましょう。
  • 継続する  効果を実感するためには、ストレッチを毎日続けることが重要です。短期間でやめずに続けましょう。
  • 医師に相談  既に坐骨神経痛の症状がある場合や、ストレッチを行うことで痛みが悪化する場合は、医師に相談することをおすすめします。

 

 

 坐骨神経痛にかからないためにはどうしたらいいのか?

 

  1. 腰に負担がかかるような姿勢を避ける

   中腰や前屈姿勢を長時間とらないようにしましょう。

これらの姿勢は腰に大きな負担をかけます。

 

  1. 腰を保護する  

 どうしても腰に負担がかかる仕事をしている場合は、コルセットなどを使用して腰を保護しましょう。

 

  1. 重い物を急に持ち上げない

   重い物を持ち上げる際は、腰を使わずに膝を曲げて持ち上げるようにし、急な動作は避けましょう。

 

  1. 栄養バランスの整った食事を摂る

   1日3食、規則正しく食事をとり、体重の増加に気をつけましょう。特にビタミンB12を含む食事が重要です。ビタミンB12は血液の生成に必要不可欠な栄養素であり、末梢神経の健康にも役立ちます。血液を新しく増やすことで、しびれや痛みの緩和や防止に作用します。

 

 栄養素の重要性

 

坐骨神経痛の原因は様々ですが、意外にも栄養素不足も一つの原因です。特に「ビタミンB12」は血液の生成に必要不可欠な栄養素です。血液を新しく増やすことでしびれや痛みを緩和し、防止する効果があります。また「ビタミンB12」は「末梢神経痛」など痛みやしびれの緩和にも役立ちます。

 

坐骨神経痛に関するよくある質問

Q&A4選に関して

Q1  坐骨神経痛は何科で診てもらうべきですか?

坐骨神経痛は整形外科で診てもらうのが一般的です。場合によっては、神経内科やリハビリテーション科も適しています。

 

Q2: 坐骨神経痛に効果的な薬は何ですか?

鎮痛剤や抗炎症薬が一般的に使用されます。具体的な薬については、医師に相談してください。

 

Q3: 坐骨神経痛に良いマッサージはありますか?

専門のマッサージセラピストによる筋肉の緊張をほぐすマッサージが効果的です。

 

Q4: 坐骨神経痛に適した座り方や寝方は?

座る時は、腰を支えるクッションを使用し、背筋を伸ばすようにしましょう。寝る時は、横向きに寝て膝の間にクッションを挟むと良いです。

 

坐骨神経痛の改善と予防に向けて

本ブログのまとめに対する導入画像

坐骨神経痛は、適切な対処と予防策を講じることで、症状を和らげることができます。日常生活の中で姿勢を意識し、定期的なストレッチや運動を取り入れることが重要です。お困りの際は、専門の医療機関を受診し、適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

 

ポポの木整骨院では、坐骨神経痛に対する総合的な治療とアドバイスを提供しています。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

▲高座渋谷ポポの木整骨院のトップページはこちら▲