スマホ首を解消する驚きの方法!ストレートネック改善の秘訣|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

スタッフブログ

スマホ首を解消する驚きの方法!ストレートネック改善の秘訣

スマホ首を解消する驚きの方法!ストレートネック改善の秘訣

柔道整復師 按摩指圧マッサージ師 高座渋谷ポポの木整骨院院長:大岡 統

最終更新日:2024/06/26

 

【目次】

 

スマホ首(ストレートネック)とは?

 

スマホ首の定義と症状

スマホ首、別名ストレートネックとは、首の正常なカーブが失われ、首が前方に突き出る状態を指します。通常、首の脊椎は適度なカーブを描きますが、スマートフォンやパソコンを長時間使用することによって、このカーブが崩れます。これにより、首や肩のこり、頭痛、そして眼精疲労などの症状が現れることがあります。一部の人々は、めまいや肩甲骨周辺の痛みを感じることもあります。このような不調は、スマホの不適切な見方が主な原因となって引き起こされます。

▲ストレートネックに関する詳しい情報はこちら▲

ストレートネック

スマホ首の原因

スマホ首のイメージ画像

スマホ首の主な原因は、長時間にわたるスマートフォンやパソコンの使用です。これにより、首の筋肉に過剰な負担がかかり、正常なカーブを失うことになります。特に、頭を前に突き出す姿勢を続けることが問題です。この姿勢が長時間続くと、首の筋肉や関節に圧力がかかり、ストレートネックの状態を引き起こします。また、睡眠時の枕の選び方や姿勢も影響を与えます。適切なサポートを提供しない枕は、首の健康に悪い影響を及ぼす可能性があります。さらに、日常生活での姿勢の悪化もスマホ首の原因となるため、適切な姿勢を保つことが重要です。

 

正しい姿勢でスマホを使う方法

スマホの見方次第で、ストレートネックの改善や予防が可能です。まず、スマホを使用する際には、画面を目の高さに持ち上げることが大切です。首を前に出す姿勢を避け、まず肩甲骨を軽く引き上げて後ろに引く練習をしましょう。これにより、胸椎のカーブが自然に整い、首や肩にかかる負担を減らすことができます。

 

また、スマホを持つ際は、片手で持ち続けるのではなく、両手を使ってバランスよく持つようにしましょう。さらに、使用時間が長時間にならないように適度な休憩を取り、首や肩のストレッチを習慣化することも重要です。1分ほどの簡単なストレッチでも効果的ですので、定期的に行いましょう。

 

デスクワークでの注意点

デスクワークでも、正しい姿勢を保つことがストレートネックの予防につながります。まず、椅子の高さを調整し、足が地面にしっかりとつくようにしましょう。背筋を伸ばし、両肩をリラックスさせることが大切です。デスクトップの高さも目の高さに合わせることで、自然なカーブを保つことができます。

 

また、長時間同じ姿勢を続けることは避け、30分ごとに軽いストレッチや体を動かすことを心がけましょう。肩甲骨を意識的に動かすストレッチや、首を前後左右にゆっくりと動かす運動が効果的です。このような工夫をすることで、肩こりや頭痛などの不調を緩和することができます。健康的なデスクワーク環境を整え、スマホやパソコンの使用が原因となる不調を未然に防ぎましょう。

 

スマホ首を解消するストレッチ

スマホ首を解消するストレッチ

胸鎖乳突筋を伸ばすストレッチ

胸鎖乳突筋は、首の側面に位置し、スマホ首の状態を改善するためには非常に重要な筋肉です。簡単に行えるストレッチ方法をご紹介します。

 

まず、頭をゆっくりと右肩に近づけるように傾け、そのまま左手を頭の右側に置き、軽く押しながらさらに傾けます。この状態を30秒間キープし、筋肉が伸びるのを感じ取ります。その後、反対側も同様に行います。

このストレッチを毎日1分程度続けることで、首の筋肉を緩和し、血行を促進することができます。定期的に行うことで、スマホ首の肩こりや痛みの予防に役立ちます。

 

タオルを使ったストレッチ

タオルを使ったストレッチも効果的です。タオルは身近にあるアイテムであり、簡単に取り入れられる方法です。

まず、タオルの両端を持ち、首の後ろにかけます。そのままタオルを頭上方向に引っ張り、ゆっくりと顎を引いて首を伸ばします。この状態を15秒から30秒間保持します。これを数回繰り返すことで、ストレートネックの症状を緩和し、姿勢改善にも効果があります。

 

また、タオルを使うことで、筋肉の緊張を和らげ、血行を良くする効果もあります。この簡単なストレッチ方法を日常生活に取り入れ、スマホの見方を見直し、正しい姿勢を心がけることで、首や肩の不調を防ぐことができます。

 

日常生活での予防方法

 

温めて血行促進

ストレートネックの予防には、筋肉を温めて血行を促進することが重要です。血行を良くすることで、首や肩のこりを緩和し、症状の改善に繋がります。入浴時に首や肩をしっかり温めることで、筋肉がリラックスしやすくなります。また、温湿布やホットパックを使用することも効果的です。

 

適度な運動とリラックス

ストレートネックの予防には、適度な運動とリラックスする時間を持つことが大切です。運動は筋肉を動かすことで血行が良くなり、ストレートネックの悪化を防ぐ効果があります。特に、首や肩、胸椎周りの筋肉を鍛えるストレッチやエクササイズを取り入れると良いです。

 

 さらに、精神的な緊張が首や肩に影響を与えることもあるため、リラックスする時間を続けることも重要です。深呼吸やヨガ、マインドフルネスなどのリラクゼーション法を取り入れると、ストレートネックの症状を和らげる効果が期待できます。

 

セルフチェックと専門的な治療

 

【ストレートネックのセルフチェック】

 

 ストレートネックのセルフチェックは、自分で簡単に行うことができる方法があります。まず、壁に背を向けて立ち、かかと、尻、背中、頭を壁につけます。この時、首が自然なカーブを持っている場合、壁と首の間に指2本分の空間ができるはずです。もしこの空間がほとんどないか、逆に広すぎる場合は、ストレートネックの可能性があります。また、日常的に肩こりや頭痛、めまいなどの症状が続くようであれば、首にかかる負担が大きい状態とも言えます。

 

【専門医による診断と治療法】

 

 ストレートネックの疑いがある場合、専門医による診断が重要です。脊椎や骨格に関する知識を持つ整形外科や、リハビリテーションを専門とする医師に相談するとよいでしょう。診断の結果、適切な治療法が提案されます。一般的には、首のカーブを取り戻すためにストレッチやリハビリ訓練が行われます。また、血行を改善するための温熱療法や、筋肉の緊張を緩和するためのマッサージなども効果的です。生活習慣の見直しも重要で、スマホの見方やデスクワーク時の姿勢の改善も推奨されます。適切な枕の使用や、一日1分でもストレッチを続けることが、長期的な改善に繋がります。

 

▲高座渋谷ポポの木整骨院のトップページはこちら▲