高座渋谷のポポの木整骨院では骨盤矯正と筋肉調整で根本から改善します

受付時間

スタッフブログ

テクノストレス症候群は自律神経が原因です。

テクノストレス症候群というのを聞いた事はありますか?

10歳代〜40歳代の人達が、テクノストレスかかっています。

この症状は、パソコンやスマートフォンなどの機械の画面を見て、

「ふみん、激しい頭痛、辛い肩こり、慢性腰痛、鬱、ふらつき、耳鳴り、

若年性記憶障害、目のかすみ、目の奥の痛み、月経不順、対人不安等が引き起こされたものを言います。

目と脳は直結しているので、画面が脳を刺激します。

長い時間画面を見ると、目だけでなく、脳内疲労も引き起こされ、

生活リズムに欠かせない交感神経、副交感神経が乱れてしまいます。

さらに、自律神経バランスが崩れると様々な症状が次から次へと引き起こされていきます。

テクノストレス症候群は初期症状が眼のかすみです。

その後めまい、耳鳴りが出てきます。そのまま放置すると、強い頭痛が発生する。

② 自律神経の乱れで血液中に適切でない量のホルモンを流出させ

テクノストレス症候群の頭痛は、脳疲労と自律神経症状なので、頭痛薬では効きません。

そのうち、頭痛薬の飲みすぎで身体にふらつきが出てしまう。

更に2~3週間が過ぎると

頭痛だけでなく、身体の痛み、足のむくみまでが始まってしまう。

メンタルにも影響が無気力、不眠、鬱を引き起こす事も少なくありません。

この原因は実は目から入るブルーライトです。

「交感神経、副交感神経」が乱れ、血液中にホルモンの分泌低下により体調不良が引き起こされ、体の重だるさ、むくみ、痛み、気持ちの低下を起こすのがテクノストレス症候群なのです。

③思いもかけない時に発生

症例報告

事務仕事の30歳の女性。朝起きると突然耳なり。

金属音のような「キーン」といった強い耳鳴りが聞こえた。

びっくりして病院に駆け込んだ。

その後改善が見られずネットで検査して高座渋谷ポポの木整骨院を見つけた。

閉店間近に不安そうな顔をしてはご来院されました。

どうしましたか?と聞くと

耳なりとふらつきが止まらないと言う。

カウンセリングによりテクノストレス症候群だと分かった。

原因が分かった事で、安心して通院されています。

テクノストレス症候群は、急に発症しますが、日々のストレスを溜めない事で予防する事ができます。

皆様がテクノストレス症候群にならない事を願っています。

私は大丈夫と思っている貴方、テクノストレスは突然引き起こされます。

以前の自分と何かが違う」と思ったらすぐ「高座渋谷」ポポの木整骨院にご相談下さい。

 

google口コミ