内側上顆炎(ゴルフ肘)

・スイングすると肘の内側が痛む

・肘の内側の出っ張っている骨を触ると痛む

・力をいれると痛む

・整形外科でゴルフ肘と診断さてた

・指の動きが悪い

なぜゴルフ肘の症状が発生するのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

 

手指の筋肉は肘まで付着していますため、手先に力が入った無理なスイングの繰り返しで疲労が蓄積され肘に負担がかかり、炎症を起こします。

更に使った後筋肉を緩めるなどのケアができていないと、筋肉は慢性的に硬くなってしまいます。

慢性的に硬くなった筋肉は、収縮したままの状態になり筋肉を引っ張ってしまうため、過度な負担がかかり損傷した状態になります。

「少し痛むけど大丈夫」などと判断されて、そのまま運動すると、その場所をかばって痛みが悪化してしまいます。

ゴルフ肘を放置するとどのようなリスクがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

放置してさらに使いすぎると損傷がひどくなり悪化してしまいます。

また痛んでいるところをかばって、身体の使い方に変な癖がついてしまい、

また他の場所も痛めてしまうこともあります。

その症状から抜け出すためにはどのような施術が必要か?|高座渋谷ポポの木整骨院

湿布や痛め止めを病院で処方されるたり、腕のマッサージも有効です。

しかし、お怪我をされた原因や怪我のしずらい負担のかからない身体の使い方を覚えておかないと

また再発しやすいでしょう。

一度痛めてしまうと、身体がその動きを覚えてしまい、改善されたとしてもまた同じところを

痛めやすい状態になります。

また、局所だけでなく、全身の調整をお勧めします。

お身体は、すべて連動して動きます。

ですので、局所だけでなく、全身の動きをみてもらうのも良いでしょう。

また、運動を続けるためには、お怪我をしずらい身体にする必要があります。

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

お怪我が改善しても、その原因を理解してスポーツに復帰することが、同じお怪我をしない事につながります。

また、お怪我の施術と合わせて、背骨×骨盤矯正により姿勢の指導や全身のお身体の使い方の指導もしています。

以前より、身体の使い方が楽になった パフォーマンスがあがったなどお喜びの声を頂いております。

高座渋谷ポポの木整骨院にぜひご相談下さい。