目の疲れ

・目の裏が痛い。

・目がかすむ。

・目が疲れて、頭が痛い。

・目が疲れて、首肩が疲れる。

・めまい、吐き気など随伴している。

なぜ目がつかれるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

実は、眼精疲労の一番多い原因は下を向く事です。

目の筋肉は、骨とは繋がっていないため、支えるのは筋肉と腱です。

そのため、下を向くときは、目を固定するために筋肉と腱は緊張しています。

ずっと下を向き続けていると目に酸素を送る血液の循環が悪くなり眼精疲労が発生します。

かばんをもっている状態で肩もこるのも同じ理由です。

持っている状態を維持するために筋肉を緊張させています。

パソコンやスマートフォンを見ているときもお身体が下をむく状態になります。

下を向く姿勢が眼球疲労や肩こりの原因になります。

 

自律神経

ストレスが蓄積すると交感神経が優位になります。

交感神経は、目の筋肉を収縮させる作用があります。

その結果血液循環がとど凝ってしまい、目の疲れが発生します。

また睡眠不足も眼精疲労を発生させます。

 

 

目の疲れでどのようなリスクがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

眼精疲労を放置すると、視力が低下することも考えられます。

しっかりと見れなくなるため、目を凝らせたり、注意深く見なくてはならないため、

首こり、肩こりの原因になったり、姿勢が悪くなったりします。

目の疲れから抜け出すためにはどのような施術が必要か?|高座渋谷ポポの木整骨院

目を定期的に休める。

目の周りを温める

目の周りをアイシング

ビタミンB1は視神経に効果的です。

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

下を向く事での眼精疲労には、首や後頭部の筋肉を緩めます。

また頭蓋骨の調整を行います。

猫背矯正など整体も行っています。

当院では、ドライヘッドスパを始めました。

お気軽にお越しください。