群発性頭痛

・目の奥が鋭く痛む

・床に頭を打ち付けたくなるほど痛む

・目が充血し、鼻水がでる

・首から肩にかけて痛む

 

なぜ群発性頭痛が発生するのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

群発性頭痛は、20代から30代の男性に多くみられます。

片方の目の奥が激しく痛むのが特徴です。

年に1から2回の周期で発生し

毎日、夜中から明け方にかけて発生し、睡眠中目の奥が刺されるような痛みが

発生することがあります。

通常3時間以内に収まります。

涙がでたり、鼻水がでるなど自律神経の症状もでることがあります。

原因は、まだ明らかになっていませんが内頚動脈が関与しているといわれています。

その為、なんらかの刺激で拡張され、血管の神経が刺激されることでで目の奥の血管も拡張して、神経を刺激して発生すると考えられています。

 

群発性頭痛を放置するとどのようなリスクがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

群発性頭痛は、別名自殺頭痛と呼ばれています。

発症してしまうと

日常生活を送ることが困難になる名前通り大変お辛い頭痛です。

疲労やストレスを開放しないと症状を長引かせてしまうかもしれません。

 

群発性頭痛の誘因とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

飲酒やたばこまたは入浴が発作の原因になることがあるため、避けましょう。

気圧の変化も引き起こす可能性もあります。

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

高座渋谷ポポの木整骨院では、カウンセリングにより一人一人の状態を把握し、注意をしながら施術をおこないます。

まず頭蓋骨調整や首肩の筋肉の調整を行います。

短い時間で発作のおさまっている時間を見計らって週3~4回の頻度の来院をお勧めします。

症状が治まる期間まで、しっかりとサポートさせていただきます。