腱鞘炎

・親指を曲げると痛む

・子供を抱きかかえると手首が痛む

・パソコンをしていると親指の付け根が痛む

・指がしびれてしまう

腱鞘炎とは? |大和市高座渋谷ポポの木整骨院

腱鞘炎とは、指の付け根が痛みや腫れが起き、腱がスムーズに動かなくなり腱鞘というところを通過できなくなった状態をいいます。

代表的なものがドケルバンとばね指です。

ドケルバンは、親指を外に開けると手首にでてくる2本の腱が使い過ぎにより腱が摩耗し、また腱鞘が厚くなり、腱が腱鞘を通過する時腱を痛めてしまった状態です。

ばね指は指の付け根で炎症が発生すると動きがなめらかに動かなくなり、指の付け根が腫れ悪化すると、指を伸ばす時、バネのように戻る現象が起きます。

そのままにしておくと、さらに負担がかかり、悪化してしまいます。

朝方痛みが強く、活動している昼間は痛みが減少するのが多いのも特徴の一つです。

 

どうして起こるのか

スマホによる長時間の指の使い過ぎや赤ちゃんの抱っこや調理師などの職人に多くみられます。

また、ホルモンにも関係があり、妊婦さんや更年期の女性などにも多いです。

糖尿病、透析、リウマチなどの患者様にも多くみられます。

親指、3指、4指の順に多く発生します。

その症状・状態から抜け出すためにはどのような施術が必要か?

原因となっている動作やスマートフォンの使用などを控えめにして、安静が第一です。

サポーターなどで固定する場合もあります。

また、手指のストレッチも有効です。

当院の施術方法

症状が酷い場合は、病院では手術やステロイド注射が行われていますが、指や手首は使用頻度が高い為、すぐに再発してしまいます。

当院では指や手首だけでなく、全体的な施術をお勧めしています。

作業をする時、前腕をねじり、手の甲が上を向いている姿位になります。

例えば、スマートフォンを使っている時は、手の甲が上を向いて腕を内側に捻った状態で手首を固めて指をうごかしています。

肩甲骨は外に開き、背中を丸め、骨盤も歪みます。

当院では指や手首だけでなく、手首や肩の歪みを整え、肩甲骨の働きを良くし、骨盤を整える整体お勧めしています。

血液やリンパの働きを身体が動かしやすくなったとの嬉しいお言葉を頂いております。

骨格や筋肉のバランスを整えることで自然治癒能力が高まり、身体が回復していきます。