顎関節症

・口をあけると音がする

・口をあけると関節が痛む

・口をあけるとこめかみが痛む

・口をあけると耳が痛む

なぜその症状が発生するのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

顎関節症は20代から40代の女性に多くみられます。

顎関節を動かすときに音がする、口が開かないまたは開きづらいなどの症状がみられます。

また、耳の違和感や耳鳴り、首肩こり、目の奥の痛み、睡眠障害、食欲不振などを併発することもあります。

顎関節症の原因は、筋肉によるものと関節円板(関節のクッションの役割)または顎関節の変形によるものがあります。

これらは食生活が関係していると言われています。

つまり、近年では、柔らかい食べ物(麺類、ケーキなど)を好むひとが増え、かむ力が低下し、また顎関節を支える顎の筋力の低下により、発生することが多いと言われています。

一方で頚椎の歪みや猫背などの姿勢により顎が突き出され、無理な外力がかかって発生原因になるのも見逃せないところです。

その症状から抜け出すためにはどうしたらよいか?|高座渋谷ポポの木整骨院

顎関節症は以下を気をつけましょう

・硬い食べ物をさける(ガム、固い肉など)

・柔らかい食事にしましょう。(パスタなど麺類、おかゆ)

・歯を食いしばる癖がある場合、気が付いたら口を開いて深呼吸しましょう。

・姿勢をよくする 猫背とくに顎を前に突き出した姿勢に気をつけましょう。

・リラックスする 腕や肩に無理な力を入れないようにしましょう。

・首肩のセルフケア

放置するとどのようなリスクがあるのか?|高座渋谷ポポの木整骨院

口を開けるのが困難になるため、頭痛、首肩こり、背中の痛み、耳鳴り、目の痛み、睡眠障害など顎の筋肉や首の筋肉が収縮した状態になり様々な症状を引き起こします。

当院で行っている施術法|高座渋谷ポポの木整骨院

高座渋谷ポポの木整骨院では、顎関節症は頚椎の歪みと背骨・骨盤が関係があると考えています。

頚椎の歪みは、顎関節の動作にトラブルの原因になるからです。

また実際来院される患者さまは、首肩が非常に凝っていますが、それだけではなく、

背骨や骨盤も歪んでいる方が少なくありません。

その為まず、頭蓋骨や首肩の調整・骨盤矯正で全身の調整を行います。

次に高座渋谷にあるポポの木整骨院では、整体を行っています。

身体の痛みを緩和し、自律神経にアプローチして精神的あるいはお身体のストレスを緩和します。

高座渋谷ポポの木整骨院では、顎関節症は様々な原因が複合されていますが、カウンセリングと検査で根本的な原因を把握して、オ―ダメイドで施術を行っています。

是非お問い合わせください。