ヘルニア

ヘルニアで腰~足にかけて痛む

・  ヘルニアで腰~足にかけてしびれる

・  ヘルニアで安静にしていても痛む

・  ヘルニアで寝返りをうてない

・  ヘルニアで手術を勧められた

 

ヘルニアを発症しても、短期間で痛みが改善することもあります。

ですが放置すると、下半身がしびれたり、痛みが更に悪化することになります。

病院や整形外科や整骨院などの専門院で根本的な改善をする必要があります。

椎間板ヘルニアとは?|高座渋谷ポポの木整骨院

骨と骨の間には椎間板というものがあり、上下の骨の負担を減らすクッションの役割をしていますが、以下の原因で椎間板にヒビが入り、髄核と言われる中のものが飛び出して神経にあたってしまいっているのが椎間板ヘルニアです。

あまりにも激痛なため、動きが制限されることで精神的なストレスがあります。

 

椎間板ヘルニアの原因とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

猫背 ・前屈みの姿勢 ・長時間座りっぱなしなど不良姿勢、また、重量物を下からもちあげる、スポーツで捻った、ぎっくり腰なども椎間板ヘルニアの原因になります。

椎間板ヘルニアの痛みの特徴とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

椎間板ヘルニアは、動けないほどの腰痛で前屈み、長時間座ると痛みが強くなり、 20~40代に多い疾患です。 腰~足までの痺れが発生しさらに酷いとは知覚鈍麻も発生します。

日常生活に支障が起きることも少ない椎間板ヘルニアですが、改善が見込まれるため決して悲観的に考える必要はあく、手術を急ぐ必要がなく保存的に行うのが通例です。(手足が力が入りにくい、感覚がないは手術が良いかもしれません。)

改善とは、ヘルニアが吸収されたり、小さくなる事をさします。

一般的には、電気、コルセット、温熱などで様子を見て、それで効果がみられない場合はブロック注射などを行い効果がみられない場合手術適用となります。

当院で行っている椎間板ヘルニアの施術方法は|高座渋谷ポポの木整骨院

当院では、まず腰に負担をかけている身体の捻じれや歪みを整えることで、身体のバランスを整えるます。

背中が伸ばせ、動きができるようにします。

炎症がある為、1回で痛みをとる事は困難です。

継続して施術を受けて頂くことで改善につながります。 椎間板ヘルニアになってしまったら、痛みの時期をどう生活するかが大事です。是非一度ご相談下さい。