ヘルニア

ヘルニアで腰~足にかけて痛む

・  ヘルニアで腰~足にかけてしびれる

・  ヘルニアで安静にしていても痛む

・  ヘルニアで寝返りをうてない

・  ヘルニアで手術を勧められた

 

ヘルニアを発症しても、短期間で痛みが改善することもあります。

日常生活に支障が起きることも少ない椎間板ヘルニアですが、改善が見込まれるため決して悲観的に考える必要はありません。

是非、ヘルニアでお悩みの方は高座渋谷ポポの木整骨院にご相談ください。

椎間板ヘルニアとは?|高座渋谷ポポの木整骨院

背骨は椎骨と呼ばれる骨が重なり合って構成させています。

腰部は腰椎と呼ばれています。

椎骨と椎骨の間には椎間板というものがあり、上下の骨の負担を減らすクッションの役割をしています。

それにより、腰を曲げたり、伸ばしたり、捻ったりという動作が実現できます。

椎間板には髄核と呼ばれるゼリー状のものがあります。

椎間板ヘルニアとは加齢や強い衝撃で椎間板にヒビが入り、髄核(椎間板の組織)が飛び出した状態をいいます。

飛び出てしまった髄核が脊髄神経(腰から下肢に向かっている神経)を圧迫するため、腰痛だけでなく下肢に痺れを引き起こします。

 

 

椎間板ヘルニアの原因とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

ヘルニアは成人の60%の方に存在するという医学データがしています。

しかしながら、そのほとんどの方に症状が出ていません。

ではなぜこのようなことが起きるのでしょうか?

実はヘルニアの症状を引き起こす原因は骨盤の歪みにあります。

ヘルニアが存在するだけでは、痛みやしびれを発生させることは少なく、

骨盤の歪みも加わって発生します。

ではなぜ骨盤の歪みが発生するのでしょうか?

骨盤の歪みは、不良姿勢や偏った動作などから発生します。

デスクワークで前傾姿勢、脚をくむなどの動作、肉体労働の場合は中腰の姿勢で下から持ち上げる動作などや左右バランスの悪い立ち方などが積み重なり発生します。

腰は身体の中心に位置し、骨盤は身体の土台の役割を果たしています。

骨盤が歪みは骨盤の動きが悪くします。

その事により腰椎の負担が大きくなります。

通常1で良い動作が3にも4にもなります。

このように通常よりも大きな負担がかかることで椎間板を痛めてしまい、さらには動作時に痛みが増強してしまうことは想像がつくと思います。

椎間板ヘルニアの痛みの対処法とは?|高座渋谷ポポの木整骨院

一般的には、電気、コルセット、温熱、手術などでは痛みが改善しないことが多いです。

しかしながら、ヘルニアによる痛みやしびれを改善させるには

ヘルニアを取り除くより、ヘルニアが出ていても痛みのでない状態を目指した方が良いといえます。

腰椎は骨盤と連動して動きます。

骨盤の動きを改善すると、腰の負担が軽減し、痛みの軽減につながります。

骨盤の歪みを整え、動きを改善することが、ファーストステップにするべきだと考えています。

当院で行っている椎間板ヘルニアの施術方法は|高座渋谷ポポの木整骨院

当院では、まず骨盤のバランスを整え、次に腰に負担をかけている身体の捻じれや歪みを整えることで、身体のバランスを整えるます。

背中が伸ばせ、動きができるようにします。

炎症がある為、1回で痛みをとる事は困難です。

継続して施術を受けて頂くことで改善につながります。また筋力が低下している場合や柔軟性が低下している場合は、筋肉トレーングや運動指導なども行っています。

 

 

ヘルニアはしっかりと原因を見つけ、適格な施術をすることで改善していきます。

当院は、お力になれる事があります。

椎間板ヘルニアでお困りの方はぜひ高座渋谷ポポの木整骨院にご相談下さい。