坐骨神経痛|大和市高座渋谷で口コミ1位の整骨院

装飾
受付時間

坐骨神経痛

  • 腰から足先にかけて(臀部、太もも、ふくらはぎ等)しびれや痛みがでる。
  • 同一姿勢で立ち続ける、歩くといった動作で痺れや痛みがでる。
  • 整形外科で痛み止めや湿布薬では効果がない
  • 病院や整骨院などに通っているが、良くなる兆しがない
  • 長時間の運転や靴下を履くときなどに痛みやしびれが生じる
google口コミ

どのようにして坐骨神経痛は生じるのか?|大和市高座渋谷ポポの木整骨院

一度発症してしまうと痛みや痺れで生活に支障をきたしてしまう坐骨神経痛は、

慢性化してしまうと改善することが難しくなります。

早期改善が重要です。

整形外科に通院しても、湿布や痛み止めを処方されるだけで一向に良くならないという事を良く耳にします。

それは対処療法でしかないからです。

大和市にある高座渋谷ポポの木整骨院では、原因をしっかりと治療しながら、再発しないお身体に作っていきます。

医師の推薦と豊富な実績とデータがある高座渋谷ポポの木整骨院で根本的に改善していきませんか?

「坐骨神経痛とはどのようなもの?」

坐骨神経痛とは、殿部から足先のどこかが痺れる状態を呼びます。

坐骨神経とは殿部から足先に向かって通っている一番太くて長い神経です。

殿部が硬くなることで締め付けられて起こる坐骨神経痛は、腰椎に原因があるヘルニア、脊柱管狭窄症などや不良姿勢が反り腰や猫背、普段から中腰の姿勢をとる方が臀部から足先にかけて痛みや痺れまたは力が抜けるなどの症状が引き起された状態をいいます。

 

長時間歩いたり、座り続けたり、体に歪みが生じるたりすることで、筋肉のバランスが乱れ、神経が引き伸ばされる、圧迫されるなどして、数時間または常に痛みやしびれなどの症状が現れます。

特に、坐骨神経は臀部の筋肉の間から突き出て足先にかけてのびているため、骨盤が歪んでいると神経に影響を及ぼし坐骨神経痛を起こしやすくなります。
神経の走行に沿ってその日のお身体の状態によって足首や膝関節、股関節など痛むところが変わることもあります。

主な原因は?坐骨神経痛が治るまでの期間は?|大和市高座渋谷ポポの木整骨院

坐骨神経痛の主な原因は、若い人の場合梨状筋(お尻の筋肉)や椎間板ヘルニア、高齢者では脊柱間狭窄症、血圧などが多いです。

坐骨神経痛は通常1から2週間程度で痛みは解消されることが多いですが、個人差があります。

おおよそ完全に回復するまで3ヶ月程度かかります。

しかしながら、ヘルニアや狭窄症などを合併している場合は、そこが良くなるまでは再発してしまう可能性が高いです。

坐骨神経痛を放置するとどうなるか?|大和市高座渋谷ポポの木整骨院

放置して慢性的な症状となってしまうと、症状が強くなったり、異常のなかった箇所にまで痛みやしびれが坐骨神経の走行に沿ってでたり、座れない、筋肉に力が入らなくなって歩行がしずらい、または歩行障害を引き起こします。

そうなると、徐々に体を動かすことがつらくなり、さらにそのことで、また歪みが生じ、前述したのと同様のプロセスで痛みやしびれが生じてしまいます。

こうなってしまうとまさに負のスパイラルです。可能な限り早急に対処しないと、どんどん症状が重くなり、仕事や家事など日頃の生活に影響を及びしてしまいます。

坐骨神経痛は酷くならないうちに専門院に行くことをお勧めします。

当院での坐骨神経痛の施術方法とQ&A|大和市高座渋谷ポポの木整骨院

当院の坐骨神経痛の治療は、一般的なマッサージや電気などの対処療法ではなく、根本を改善する整体施術を行っています。

根本的施術に大切な事は2つあり痛みの原因と生活習慣を改善することです。

初めに、問診、検査を行い、立ち方や座り方、歩き方などの動きの確認、日頃の体の使い方、痛みやしびれが生じている箇所などをチェックします。

その後、坐骨神経痛の原因の筋肉を緩めていきます。その原因筋はお尻の筋肉だけでなく実は仙骨周りにあります。その事は長い20年の臨床から研究してわかったことです。人間の身体には感覚センサーがあります。

この感覚センサーを優しいタッチで刺激すると生じている痛みやしびれが解消されることが多いです。

 

また早く改善するにはストレッチも有効です。

独自の仙骨調整とストレッチで坐骨神経痛を緩和して、再発しないお身体を作ることができます。

セルフケアについてはインスタでご紹介しています。

https://www.instagram.com/p/ChuNRe6Bct3/

 

「様々な場所で受診をしたけど、マッサージや電気治療で一時的に楽になっても、すぐにぶり返してしまうため悩まされ、また次の店を探す」こんな治療院巡りのような日々とはさよならしましょう!

当院では、患者さまそれぞれに合わせた施術計画を提案し、坐骨神経痛で苦しむことのない日常を取り戻すお手伝いをします。
苦しい日々から、清々しい毎日へ!当院にご相談ください!!

 

坐骨神経痛のQ&A

Q、どうすれば良くなりますか?

A,運動、マッサージ、ストレッチなどで筋肉を緩めて血流をよくします。またヘルニアなどがある場合はコルセットで腰を安定させます。その他、湿布、湯船なども有効です。

Q,どこの筋肉を緩めたら良いですか?

A、坐骨神経痛は臀部を指圧やテニスボールで緩めることが効果的です。 また臀部、太ももの裏、アキレス腱のストレッチが有効です。

Q、運動はどのようなことをしたらよいですか?

A、坐骨神経痛は血液循環を良くすると痛みが緩和されます。軽いウォーキングなどがお勧めですが、痛みが強くなる場合は控えましょう。

Q、湿布はどこに貼れば良いですか?

A、お尻や腰に貼るのがお勧めです。 ただし、妊娠中の方は注意してください。

Q、冷湿布と温湿布とどちらが良いですか?

A、坐骨神経痛は温湿布の方が良いです。その他としてカイロをお尻に貼るのも効果的です。

Q、どの向きで寝たら良いですか?

A、横向きで膝を曲げて背中を曲げて寝ると良いです。

Q、朝痛いのはなぜですか?

A、筋肉が寝ている間に血流が悪くなり、筋肉が硬くなってしまうからです。お風呂に入るとやわらぎます。

Q、整骨院か整形外科どちらが良いですか?

A、歪みや筋肉の緊張を緩めるなら整骨院手術や薬物療法なら整形外科をお求めなら整形外科になります。

執筆者:柔道整復師あん摩マッサージ師 院長 大岡 統

当院では完全予約制を取り、お一人お一人様と向き合いしっかりと耳を傾け、施術を通して、「来て良かった」と言っていただけるように全力でサポートさせていただきます。
私は痛みを取り除くだけではなく、ビジョンがあります。
その先にある患者様の未来が幸せで豊かなものであるように小さな街「高座渋谷」にある小さな整骨院「ポポの木」が皆様の大きな幹となって「皆様の健康と豊かな生活」をお守りさせて頂く事で社会に貢献していく事を使命と考えているからです。

見出しの装飾

患者様の声を頂いております

見出しの装飾

N.T様 40歳 大和市

1.当院に来院した時は、どんな時に、どのような痛みがありましたか?

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

2.治療を受けられて痛みはどのように変化しましたか?

1月ごろ、仕事(分助)、利用者様、解除になりました。

3.初めて当院にいらしたときの院内や施術者の印象を教えて下さい

丁寧で、やさしい印象で話しやすかったです

4.治療に通うようになって症状はどのように変化しましたか?

体の痛み、疲労がなくなり、体がラクになりました。

※免責事項:お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません